読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ大好きTakaの日記

タイが大好き35歳のリーマンです。(妻 1 子 2)大好きな酒、ギャンブルを控えても最優先はタイ☆

レインボー4でPB

ナナプラザに到着したTakaとシゲ。
初のナナプラザは、ソイカウボーイとはまた違った趣があり、
陳腐ではありますが凄いの一言。
 
Taka「シゲ、お前が興味無いのは重々承知しているが、1軒付き合ってくれ」
 
シゲ「わかってますよ。オブゼッションでしょ☆」
 
Taka「Yes★」
 
初訪タイでLBの世界を知ってしまったTakaは、
LB人気ランキングNo1のオブゼッションに是非逝ってみたかったのである。
 
オブゼッションに入店後、
なんともまあ、綺麗な漢達。
其々好みの漢を付けて、しばしエロエロ接客を楽しみます。
 

 

ふと横にいるシゲを見ると・・・・・・・
 
笑顔が引き攣ってます。
無理やり付き合わせてごめんなさい。という事でチェックビン。
 
続いて、ナナプラザ人気No1のレインボー4へ入店。
 
ここでシゲの顏がみるみる紅潮します。
 
シゲ「あの嬢めちゃめちゃタイプなんで呼びます」
 
Taka「おっ珍しいじゃん。呼んじゃえ、呼んじゃえ☆」
 
シゲが呼んだレインボー4嬢(Rちゃん)は日本語も堪能で、シゲもご満悦。
 
Taka「今宵の相手はこの嬢にするの?」(小声)
 
シゲ「折角なので、もうちょっと回りたいです」(小声)
 
Taka「あの嬢可愛いから、戻ってきたらいないかもよ」(小声)
 
シゲ「・・・・・・・」
 
Taka「Rちゃんごめんね。Takaがもう少し飲みたいからシゲ借りていくよ、
後で戻ってくるから」
 
Rちゃん「あなた(シゲ)を待っているよ」
 
Taka「よし!これで確保しながら遊べるぞ」
 
シゲ「ありがとうございます」
 
※本当にこれで確保できたかどうか不明ですが、
当時は確保できたと思い込んでました。
 
その後、
レインボー2
 
特筆すべき事無し
 
スパンキーズ
 
泡まみれダンスエロかったなー。
柔らかい棒でしばかれたり、しばいたりしたなー。
シゲは付けた嬢のおっぱいめっちゃ揉んでたなー。
 
2階の名前のわからないLBの店
 
席につくなりPBと言われて、断ったら、席から離れていきやがった。ちっ。
 
そんなこんなでゴーゴーバー巡りを満喫していたところ、、、、、
 
Taka「シゲどうする?」
 
シゲ「今宵の対戦相手はRちゃんにします」
 
という事でレインボー4に戻ると・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
 
Rちゃんしっかり居ました。
 
シゲは満足そうにPB、
Takaも含めて3人でタクシーに乗り込み、ホテルに戻るのでした。
 
この後、最終日の夜までシゲは登場しません・・・・・
 
2人をホテルに見送り、一人になったTaka。
 
ホテルで寂しく一人寝するのであった。
 
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
 
んな事は無い訳で。
まだ初日の夜は続きます。
 
※タイトルのPBはTakaではなくシゲでした(笑)
 
(続)