読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ大好きTakaの日記

タイが大好き36歳のリーマンです。(妻 1 子 2)大好きな酒、ギャンブルを控えても最優先はタイ☆

ソンクラン?時間帯?

マッサージを終え、セントラルマリナへ向かいます。
ビーチロードでソンテウに乗り、出発します。
(問題無く乗車出来ました)
 
しかし、パタヤは暑いですねーーーー。
Takaも東南アジア僻地で年中夏を経験してますが、パタヤの日差しは強い・・・・
当初端から端まで歩こうと思いましたが、絶対無理です。
 
無事にセントラルマリナに到着し、雛鮨で乾杯(チーン)
お寿司をツマミに、ビール、日本酒を頂きます☆値段相応ですね。
 
さー昼のエロ遊びのスタートです。。。。
 
まずはSoi7、8のバービアを見に逝きます・・・・
時刻は13時頃です。
 
暑い中、歩き回りますが、嬢が少ない。
嬢というより熟女系、バケモノ系しかいません(涙)
ソンクランの影響?
時間帯が悪い???

 

 
暑過ぎなので、Soi7のビーチロード沿いのバービアに避難します。
嬢は数人いましたが、呼びたいと思える嬢はいないので、ひたすらビールを飲みます。
 
ハヤは西洋人の真似をして、上半身裸になっております(笑)
 
海岸をぼんやり眺めながら、ビールを飲む、、、、、なんて幸せなことでしょう。
1ヶ月くらい、ぼーっとして滞在したいなあとハヤと話します。
Takaの場合、実際やったら、間違いなく金銭的に破綻しますし、
社会生活に復帰することは出来ないでしょうけど。。。
 
15時近くになったので、Soi6に向います。
 
セカンドロード側からSoi6を歩きます。。。。。
 
嬢の数はほどほどいますが、、、、、、、選べません、、、、、、、
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
ビーチロードに到達します。
 
唯一、黄緑のコスチュームを着た店がスタイル的にマシだったので、
その店に突入してみます。
 
ハヤと其々嬢を選び、ビールを頂きます。
 
嬢「暑いから、奥の部屋逝こうよ」
 
と言うので奥の部屋へ、クーラーが効いて涼しい・・・・・幸せを感じます。
 
Takaの嬢はテキーラの甘いバージョンが好きらしく
(確か名前はテキーラローズ)、ガンガン飲みます。
ハヤの嬢は酒が飲めないらしく、オレンジジュースでした。
 
嬢は愚息を触りながら、しきりに上に逝こう、上に逝こうと言ってますが、
うーんって感じです。
 
ハヤ「Takaどうする?Takaが良ければ、俺もこの嬢と上に逝くよ」
ハヤは満更でもない様子ですが、断ることにします・・・・
 
Taka「もう一度Soi6歩いてみて、ダメならエロマッサージ逝きましょう」
 
ハヤ「OK」
 
またSoi6を歩いてみますが、これといった嬢は見つかりません。
怖いもの見たさに、Soi6/1も歩きましたが、
LBとは言えないオカマが2人いるだけでした・・・・
 
来る時間帯に問題があったのかどうか不明ですが、、、、盛り上がってませんね。
 
ということで、エロマッサージを探す旅に☆
(エロマッサージは想定外なので、Takaは調査してませんでした・・・・)
 
ソイブッカオを歩いてみますが、、、、いい嬢がいません。
 
ホテル近くのセカンドロード沿いにある程度人数の揃っているマッサージを
見つけます☆
 
Taka「俺この嬢にします☆☆☆」
 
ハヤ「俺はいないから、ホテルで休んでいるよ・・・・」
と言って、ホテルに戻ろうとすると、嬢がハヤを捕まえます。
ハヤは嬢の顏を見て、
 
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
 
ハヤ「俺もマッサージするよ❤」
 
汗ダラダラでしたので、嬢からシャワー浴びてこいと指示されます。
これシャワーじゃなくて水ですよ・・・・
ほぼトイレ・・・・・
服かける場所も無い・・・・・・
頑張ってシャワーを浴び、マッサージを受けようとすると、、、、、
カーテンで仕切られただけの部屋です。
しかも隣はハヤ。
 
ここはもしやエロはないのかなと、うつ伏せでマッサージを受け始めます。
 
初めは普通のマッサージでしたので、エロは無いかと思うと・・・・・
時々、マッサージ嬢の手がタマタマに触れます・・・・・
 
仰向けになると・・・・・
これまた普通のマッサージです・・・・
 
ハヤの部屋からも何も聞こえません・・・・・
 
しかし、足の付け根のマッサージに移行すると、エロい手つきに早変わりです(笑)
 
嬢「エッチする?手コキにする?」
 
Taka「フェラがいい❤」
選択肢にない回答をしてしまいました(笑)
 
1000Bで折り合います。
 
この嬢の生フェラはとても気持ち良く、あっという間のフィニッシュでございます。
 
射精後もキスしてきます。。。。良嬢でした☆
 
すっきりして、部屋を出ると、ハヤが待ってました。
 
Taka「何も無かったのですか?」
 
ハヤ「エッチしちゃった❤」
 
Taka「えっ何も聞こえなかったし、そんな雰囲気感じなかったですよ」
 
ハヤ「うん。入れた瞬間に逝っちゃった・・・・俺昨日からどうしよもない」
と凹んでます。
 
しかし、ハヤはこのマッサージ嬢が気に入ったらしく、
夜に会う約束をしてました☆☆☆
 
その後、獏という居酒屋で、レバ刺し、モツ煮込み、レバニラ炒め、茄子の揚げ出しをツマミに酒を嗜み、ホテルでシャワーを浴びて、
 
いざWSへ出撃です!!!!!!
 
(続)