読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ大好きTakaの日記

タイが大好き35歳のリーマンです。(妻 1 子 2)大好きな酒、ギャンブルを控えても最優先はタイ☆

タニヤ狂想曲Ⅱ その1

初日の夜、Takaとシゲはタニヤで遊ぶことになりました。

 
1軒目はアテッサです。
 
まだ早い時間でしたので、結構な嬢がいます。
 
Taka「シゲ、俺は2人選ぶよ☆」
 
シゲ「えっ!?」
 
Taka「だって料金はそれほど変わらないし、
いろんな嬢と話す方が選択肢が広がるし」
 
シゲ「そうですね。そしたら僕も2人選びます☆」
 
其々2名、計4人でカラオケルームで遊ぶことにしました。
 
部屋に入ると、ママさん(背が高いおばさん)とオカマも入ってきます。
(オカマと表現したのは、LBとは違い、ただのおっさんだからです。)
 
合計6人で乾杯(チーン)

 

 
例の通りの飲めや、歌えやのカラオケ大会。。。。。
 
シゲ「Takaさん感謝します」
 
Taka「急にどうしたの?」
 
シゲ「見た目はこの嬢が一番だったんですが、凄い冷たい対応なんですよ。
Takaさんと来てなかったら持ち帰ってましたよ。」
 
※シゲは、当初お店で即PBして、どこかに遊びに逝くと言っていたのを、
Takaが無理やりカラオケに付き合わせました。
話もしてみないと、PBした後つまらないかもしれないでしょと。
 
Taka「マシーン回避出来て良かったね☆」
 
ちょっと酔いが回ってきた頃、
オカマのおっさんが訳わからない事言い始めました・・・・・
 
オカマ「あなた達が付けている嬢達より、私の方がフェラ上手いわよ」
 
さっ乗っかりますか(ニヤリ)
 
Taka「シゲ試してもらえよ☆」
 
シゲ「まじですか???おっさんですよ・・・・」
 
Taka「大丈夫だよ。アソコ出したら、キャーっで終わりでしょ☆」
 
シゲ「わかりました!!!」
 
シゲが脱ぎだすと、案の定、嬢達がキャーキャー言い出します。
 
しかしオカマはここぞとばかりに、まじでフェラし始めました(笑)
フェラ時間は10秒弱くらいでした。
 
Takaは腹がよじれるほどに大笑いしました。
 
Taka「シゲ勃っちゃったんんじゃないの?」
 
シゲ「勃ってませんよ!!!!!」
 
ちょっと怒り出しました。一応ごめんと、心無く謝っておきます。
 
さて、Takaが付けた嬢ですが、
2人ともなかなかノリも良くいい感じでありました。
 
Taka「エッチ好きですか?」
 
嬢A「うん❤」
 
嬢B「飲むと凄くエッチになる❤」
 
Taka「山ほど飲んでね❤」
 
相変わらずいいお客様です。
 
シゲはこの店ではPBしないという事で2軒目に向かいます。
帰りがけ、嬢AはTakaのお口にチュっ「後でまた来てね❤」
それを見た嬢BはTakaにDK、「私の方が上手いよ❤」
幸せ一杯です☆
 
2軒目はスーパークイーン。
 
Takaは好みの嬢が見つかりましたが、シゲは選べないというので、
一杯も飲まずに退店・・・・
 
ちっ!!!!
 
3軒目はプレイガール2
 
ここでシゲは運命の彼女に出会う事になります☆
 
(続)