読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ大好きTakaの日記

タイが大好き35歳のリーマンです。(妻 1 子 2)大好きな酒、ギャンブルを控えても最優先はタイ☆

介護プレー❤

2日目の朝電子音で目が覚めます。
 
シゲ「Takaさん観光逝きます?」
 
Taka「皆は?」
 
シゲ「もうロビーに居ますよ」
 
Taka「10分で逝くよ」
 
元々観光に全くと言っていいほど興味がないTakaは事前に、
午前中は寝ているから皆さんで勝手にどうぞとお伝えしてました。
 
いらぬ気遣い有難うございます。(嫌味)
 
S竹さんはゴルフに行っていて、夕飯くらい合流の予定ですので、
優柔不断組4人でワットポーに逝くことになりました。
 
そもそも論ですが、Taka以外の3人も観光に興味はありません。
ただ家族に対しての証拠写真を入手する事が目的なのです。
(シゲは暇だからという理由)
 
こんな不純な動機で観光するのはタイに失礼だろと私は潔く辞退していたのに・・・・・
 
いらぬ気遣い有難うございます Part2
 

 

そんなこんなでタクシーでワットポーに逝き、館内10分程度の滞在で
ターミナル21に向いました。
暑かった記憶しかありません。
 
昼食は、ターミナル21内のラーメン屋さん。ここで乾杯(チーン☆)
 
おっさん4人が集まれば、シモの話しかありません。
昨夜の報告会です。記憶が曖昧ですが、
確か皆時短で嬢は帰ったとの事。
(私だけでなくて良かった)
 
ユッキーはセックスマシーンだったとお怒りの様子。
 
午後からは駐在員S竹さんお勧めのポセイドンに逝くことになっております。

 

同行者はノリ、シゲ。。。。。。。。
ユッキーは、完全な風俗っぽいので「俺は辞退する」との事。
流石、趣味恋愛を自負しているだけの事はあります。
恋愛感情が無いセックスに興味が無いご様子。
 
という事で3人はタクシーを掴まえ、ポセイドンに出発進行。
 
まず驚いたの店構え。
 
3人「超入りにくいんだけど・・・・・・」
 
入るんですけどね。
 
(今現在と多少構造が異なり、2階が金魚鉢で3階がモデルクラスだった。)
 
まずは3人は2階に向います。
 
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
 
嬢が少ねえ(涙)
 
3階に上がってみても、
 
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
 
嬢が2人しかいねえ(涙涙涙)
 
今思えばそりゃあそうです。2時に逝きましたから。
 
そうすると、係のおっさんが4時くらいには嬢がたくさん出勤するよと。
 
他に選択肢が無い3人は、2階のソファーで待つ事に。
通常であれば、ここでもビールと逝きたいところですが、息子が反抗期になったらどうしようとヒヨってしまいコーラーを注文。
 
1時間もダラダラ過ごしていると、なんとなくですが嬢も増えてきました。
 
こうなると、目の前の子をすぐに気に入るというスタンド能力を持つノリが動き始めます。
 
ノリ「Taka、俺あの子にするよ」
 
Taka「おっノリさん逝きますか、シゲそろそろ俺らも決めようや」
 
まずはノリさんが2階の嬢をチョイスします。
(確か2階の嬢のプレー時間は120分で3階の嬢は90分だったかと)
 
2階でこれといった嬢が居なかったので、シゲと3階に逝くことに、
すると10人くらいの麗しい嬢がソファーに座っておられました。
 
ノリを待たせても悪いので、この中から選ぶ事に、、、、、、
つーかレベルが高い。
 
係のおっさんに選ぶ事を伝えると、目の前に嬢達が並び始めます。
もうどれでもいいレベル。
 
その中からお互いパートナーを選択し、
 
いざ実食!!!!
 
その時、Takaには一抹の不安が、、、、、
それは昨日のタニヤ嬢とのプレーを考えると、こんな美人だともっとサービスが悪いのかなと。。。。。。
 
しかしそんな不安を抱えた事自体、
 
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!!!
 
(一応ジョジョ繋がりを意識してみました)
 
最高のひと時を過ごす事が出来ました。
 
部屋に入ると、(飲み物のクダリは省略します。)
 
1 嬢は湯船にお湯を張りに行きます。その後ろ姿の麗しい事。麗しい事。
  (2回言っちゃいます)
  長ーいアンヨに見惚れていました。
 
2 次にTakaの服を脱がしてくれます。靴下まで丁寧に。
 
3 嬢が服を脱ぎます。。。。。
  素晴らしいスタイル。ボンキュンボン。ボンキュンボン。
  (ここでも2回言っちゃいます)
 
4 お風呂に連れて行かれ、体全体をおっぱいを使って洗ってくれます。
 
5 そして我が愚息をパックンチョ☆
  (タイは勝手にゴムフェラがデフォルトと思っていたTakaは驚きました)
 
6 お風呂から出て、体を拭いてくれて、ベッドに連れて行ってくれます。
 
ここまでの1~6の行為まで、Takaの手は一切使ってません。
完全介護プレー☆☆☆☆
 
漫画天牌の遼が、凍傷の為、指を切断された時に、
「これじゃ女も抱けねえ」と喚いておりましたが、Takaが助言します。
Taka「ポセイドンに逝きなはれ」とね。
 
ベット以降は、嬢のおっぱい、下のお口を存分に舐めまわし、
最後は嬢の必殺技、(?)高速騎上位ピストンでフィニッシュ☆
 
フィニッシュ後はマッサージのおまけ付き。
 
時間となりましたので、嬢と手を繋ぎながら部屋を出て、お別れのキス☆
 
2階の待合室で、他2名と合流してポセイドンを後にしました。
 
他2名の顏を見れば、言葉が無くとも、満足した事は判ります。
否、帰りのタクシー内で大はしゃぎしちゃいました(テヘ)
 
シゲに至っては、「今日の夜、もう一回逝きます」と。
 
さあ次は待ちに待った初めてのゴーゴーバーだーーーーー。
 
(続)